博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

平成28年度実施企画展

 

◆没後500年記念企画展

 「毛利興元」

 

・会 期:平成28年10月29日(土)~12月11日(日)

・休館日:月曜休館(祝日を除く)、11月4日(金)、11月24日(木)

・時 間:9時~17時

・場 所:当館 1階企画展示室

・入館料 通常の入館料でご覧になれます。

 

■関連イベント

<展示解説>(申込不要)

・日 時:期間中 毎週土曜日

 各回11:00~11:30

・解 説:当館学芸員

・参加費:無料

 

<毛利興元ゆかりの地探訪ツアー>

・日 時:11月5日(土)、12月3日(土)、各回13:00~16:30

・定 員:各回 先着20名

・見学地:興元墓所、郡山本城、秀岳院跡地

・案 内:当館学芸員

・申 込:窓口、電話、FAX又は当館HP「問い合わせ」より
     (10月12日9時~受付開始)

 

<毛利興元講演会>(第5回公開講座)

・日 時:11月23日(水)、13:00~16:30

・会場:安芸高田市民文化センター 大ホール

・講演:秋山伸隆氏(県立広島大学)、木村信幸氏(広島県教委)

・申 込:不要(入場無料)

 

 

興元展 表

 

◆国史跡指定記念企画展

 「国史跡 甲立古墳 ~甦る家形埴輪祭祀の世界~ 」

 

・会 期:平成28年 4月16日(土)~6月26日(日)

・休館日:月曜(5月2日は開館)、5月6日(金)

・場 所:当館1階企画展示室

 

 平成28年3月1日甲立古墳は、国史跡に正式決定されました。これを記念した本企画展は、これまで調査された古墳の遺構や埴輪の出土状況などについて、出土した家形埴輪や円筒埴輪、同時代の県内前方後円墳出土遺物などと共に展示、解説します。国史跡として評価された甲立古墳の全貌を紹介します。

 

< 甲立古墳 >

所在地/安芸高田市甲田町上甲立

築造時期/古墳時代前期 4世紀末(平成20年に発見)

全 長/78m(広島県内で2番目の規模)

菊山(標高382m)の尾根上にほぼ南北を主軸として造られ、墳丘からは可愛川(江の川)沿いの平野部を一望できる。墳丘の保存状態が極めて良く、発掘調査により家形・円筒など埴輪群が当時の位置のまま出土し、古墳祭祀を物語る貴重な遺跡とわかった。また、周辺にはない畿内の影響の強い古墳であることも特筆される。

 

<関連イベント>

●展示解説(申込不要)

・日 時:期間中 第1・第3土曜日(4/16、5/7、5/21、6/4、6/18)

 各回11:00~11:30

・解 説:当館学芸員

・参加費:無料

 

●安芸高田の古墳探訪ツアー(要申込)

・日 時:5月7日(土)、6月4日(土)各回13:00~16:30

・参加費:2,000円(バス代)

・定 員:各回 先着20名

・見学地:甲立古墳、戸島大塚古墳、中馬古墳群、白鳥古墳(予定)

・案 内:当館学芸員

・申 込:窓口、電話、FAX又は当館HP「問い合わせ」より(4/12、9時~受付開始)

 

 

甲立古墳展 表


Counter: 3136