安芸高田市行政サイト

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド

平成31年 市長 新年のごあいさつ

市長

 新年明けましておめでとうございます。安芸高田市民の皆様に謹んで新年のご挨拶を申し上げますとともに、平素は、市政推進に対しましてご理解とご協力を賜り心より厚くお礼を申し上げます。

 昨年7月の豪雨災害は本市に甚大な被害をもたらしました。被災された方に、衷心よりお見舞い申し上げます。市としましても、一日も早い復興を目指してまいります。

 昨年は、人口減少対策を最重要課題と位置づけ、子育て支援の充実、学校教育の充実、地域での仕事づくりの3つの柱で事業を展開してまいりました。まず、子育て支援の充実としましては、これまでのファミリーサポートセンター事業の充実、乳幼児等医療費助成制度の受給対象年齢拡大に加え、保育料の無償化を見据え、「第2子半額、第3子以降の無償化」を継続しながら、在宅育児世帯支援事業に取り組んでまいりました。次に、学校教育の充実としましては、県内トップレベルの学力を児童生徒に身に着けさせることを目標に、地域未来塾の充実を図り、小学校の教室に空調設備を設置しました。また、ICT機器活用による学力向上のため、電子黒板やタブレット端末を整備してまいりました。最後に、地域での仕事づくりとしましては、企業誘致や起業支援に加え、新たに「お試しオフィス」を整備し、「お試しオフィスモニターツアー」を実施し、都市部の企業を含め3社のサテライトオフィス誘致に成功いたしました。

 このほかにも、将来、山林を活用した地域活性化を図るために、「森の学校プロジェクト」を実施し、市民に森林の重要性をPRしてまいりました。また、神楽門前湯治村、たかみや湯の森、エコミュージアム川根の有効活用を図るため、市民の健康づくりとして市内温泉施設を活用した取り組みや積雪等による高齢者等の生活を確保する「冬季等お太助ハウス利用助成事業」を実施いたしました。さらに、「生活支援員制度」を全市的に普及させて、効率的な福祉施策を実施し、市民の皆様が安全・安心を感じることのできる施策を展開してまいりました。

 今年は平成最後の年であり、5月から新しい元号となります。まさに新しい時代の始まりです。本市におきましては、災害からの復興を第一に、一日でも早く元通りの生活ができるよう全力を尽くしてまいります。

 これから、基幹産業である農業の振興と地域の魅力づくりや活力づくりとして、来年開業予定の「道の駅整備事業」、「田んぼアートプロジェクト」を実施します。これらを起爆剤に観光交流人口の増加を目指すとともに、引き続き、地域での仕事づくりはもちろん、安芸高田市の将来に向かって人材を確保するために多文化共生の推進に力を入れて取り組んでまいります。

 また、「市民総ガイド構想」と位置づけ、市民の皆様だれもが、外国人に対しても、コミュニケーションが取れるような施策も展開してまいりたいと考えておりますので、市民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、市民の皆様のご健勝とご多幸を心より祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

                             安芸高田市長  浜田 一義


総務部 総務課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地
TEL 0826-42-5611 FAX 0826-42-4376

アクセス数:320

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)