華叟亭の額
華叟亭の額
甲田町上甲立余谷に建立された宍戸隆家菩提寺・天叟寺にあった茶亭に掲げられていた額と伝わっている。篆書体で「華叟亭」と彫字されている。額の左側は円形に切られているが、おそらく掲げる際に建物の一部に合わせたためと考えられる。天叟寺の名は、宍戸隆家の法名「天叟覚隆」に由来する。寺は毛利氏の防長移封とともに、佐波郡右田(現防府市右田)に移り、のち熊毛郡(現周南市三丘)に移った。

旧所在地 甲田町上甲立
所有者等 安芸高田市教育委員会
時代 安土桃山
法量 27.6 x 63.7
掲載者
関連HP