絵馬額一面
絵馬額一面
本絵馬が奉納された宮崎神社は、毛利氏が安芸吉田の地に入部して間もない観応元(1350)年、毛利師親(元春)によって関東から勧請された。以後毛利氏の氏神として代々にわたり崇敬された。この絵馬は、慶長5(1600)年8月、毛利輝元・秀就を大檀主として同社本殿を新造した際に、作事奉行井上太郎兵衛元豊が連歌二百首と共に奉納した。大型で節一つない一枚板に墨一色で大胆に馬を描いている。鼻先から柱に繋がれた朱色の網が構図をよくまとめている。墨書にある「癸丑御歳」は干支年で癸丑=天文22(1553)年生まれの毛利輝元を意味する。奉納された8月は、9月15日に始まる関ヶ原合戦の直前であり、この時西軍の総大将として大阪城にいた輝元の「武運長久」を祈願、同社の社殿再建とともに絵馬は奉納された。筆者名は記されていないが、江戸時代には雲谷等顔と伝えている。今のところ安芸高田市最古の絵馬である。

旧所在地 吉田町相合
所有者等 宮崎神社
時代 慶長5(1600)年
法量 73.0 x 129.5
材質技法 板絵彩色
掲載者
関連HP