本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

人権啓発連続講座「講演:部落問題と日本の恋愛・結婚」「映画:人生をしまう時間(とき)」

【講   演】「部落問題と日本の恋愛・結婚」

  差別を憎んで人を憎まず。広島市中学校教師結婚差別事件ー差別は17歳の女性の愛を切り裂いた。

  1991年、事件は、中学校時代の副担任であった男性教師が卒業した女生徒と懇意になり、結婚を約束していながら被差別部落出身であることを理由に約束を破り、女生徒は生きる希望を失い、自殺した悲惨な事件です。加差別・被差別の立場から結婚問題を考えます。

       講師  :  齋藤  直子(さいとう  なおこ) さん(大阪市立大学人権問題研究センター特任准教授)

 

【映   画】「人生をしまう時間(とき)」

  訪問診療医としてさまざまな患者の死を記録したノンフィクション。「死を生きた人びと」の著者で、森鴎外の孫でもある小堀鴎一郎医師と、在宅医療チームに密着したドキュメンタリー。
  NHK BS1で放送され、日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞するなど大きな反響を呼んだドキュメンタリー。
 

【日      時】

   8月19日 木曜日

    【講演】 13時30分から15時00分まで

    【映画】 15時10分から17時00分まで

【場      所】

   甲田文化センターミューズ  大ホール

       (安芸高田市甲田町高田原)

【定      員】

   200名

     (注)申込が定員に達した時点で受付終了となります

【申込方法】   次のいずれかの方法により申込みください。
  ●電話による申込み  電話 42-2826(吉田人権福祉センター)
 

●次のファイルをダウンロードして申込書を提出(メールでも可)

  人権啓発連続講座(第2回目)申込書 (90.8 KB)
  ●次のQRコードから申込み
 
https://forms.gle/Amw7Nnw1VJ4yXLEq6

                                              

 

 

<予告編>

https://www.youtube.com/watch?v=dvjJc7pjnBs

外部のウェブサイトに移動します。

よろしければ下記URLをクリックしてください。

 

<チラシ>

【講演会】部落問題と日本の恋愛・結婚 (673.9 KB)

【映画】人生をしまう時間(とき)表面 (535.1 KB)

【映画】人生をしまう時間(とき)裏面 (535.1 KB)

 

【新型コロナウイルス感染症対策】

◎甲田文化センターミューズでは講座の定員を200名として、ソーシャルディスタンスを保ちながら座っていただきます。
◎市内在住・在勤の方のみの参加とさせていただきます。
◎参加者は全員マスク着用のご協力をお願いし、受付にて非接触体温計による検温を実施いたします。
◎アルコール消毒液を準備し、会場の出入口は常に開放し室内の換気を十分保ちます。

 

 

吉田人権福祉センター      電話0826-42-2826    fax0826-42-2831

                                  メール   yo-zinken@city.akitakata.jp    

 


市民部 人権多文化共生推進課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地
TEL 0826-42-5630 FAX 0826-47-1206

アクセス数:318

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)