本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

被災住宅の応急修理

 8月11日からの大雨による災害により、住家が一定の被害(大規模半壊、中規模半壊、半壊及び準半壊)を受けた方に対し、被災者からのお申込みに基づき、住家の日常生活に必要な最小限の部分を応急的に修理します。住家の被害でお困りの方は、住宅政策課にご相談ください。

※市が業者に修理を依頼し、修理費用を市から直接業者に支払う制度です。

※現金を給付する制度ではありません。

※被災者自らが契約をされないでください。万が一業者と契約をされ修理を実施されている場合は、修理代金の支払いをされないで、まずは住宅政策課にご相談ください。

◎応急修理の手続きの流れ(pdf文書)

対象者(対象世帯)

次の要件をすべて満たす方が対象となります。

(1)大規模半壊、中規模半壊、半壊及び準半壊等の住家被害を受けた

(2)応急修理を行うことによって、被害を受けた住宅での生活が可能となることが見込まれる

(3)自らの資力では応急修理をすることができない(大規模半壊の場合は必要ありません。)

※全壊の場合でも応急修理を実施することにより居住が可能となることが見込まれる場合は対象となります。

※「被害の程度」は、原則、「り災証明書」により確認します。「り災証明書」の提出が応急修理の申込み後となる場合は、被害状況の確認できる写真等で代用し、「り災証明書」が交付された段階で提出いただければ結構です。ただし、後日提出された「り災証明書」の内容が、「準半壊に至らない」(一部損壊)の場合、応急修理の対象外となり、全額自己負担となる場合があります。

応急修理の範囲

 修理の範囲は、次の項目のうち、日常生活に必要欠くことのできない部分であって、より緊急を要する箇所について実施します。なお、緊急度の優先順位は、おおむね次のとおりです。

 ①屋根、柱、床、外壁、基礎等の応急修理

 ②ドア、窓等の開口部の応急修理

 ③上下水道、電気、ガス等の配管、配線の応急修理

 ④衛生設備の応急修理

基準額等

 応急修理のため支出できる費用は、原材料費、労務費及び修理事務費等一切の経費を含むものとし、一世帯あたりの限度額は次のとおりです。

大規模半壊、中規模半壊又は半壊の被害を受けた世帯 595,000円以内

準半壊の被害を受けた世帯 300,000円以内

提出書類

お申込みには次の書類が必要となります。まずは、住宅政策課にご相談ください。

◎住宅の応急修理申込書(word文書)

◎り災証明書 ※後日提出可。

◎施工前の被害状況が確認できる写真

◎修理見積書 後日提出可。  ◎修理見積書様式(excel文書)

◎資力に関する申出書(word文書)※大規模半壊の場合は必要ありません。

修理業者関係書類

◎応急修理の手続き及び流れ(pdf文書)

◎修理業者様への依頼文書(pdf文書)

◎修理見積書様式(excel文書)

◎請書様式(word文書)

◎工事完了報告書様式(word文書)


建設部 住宅政策課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地
TEL 0826-47-1202 FAX 0826-47-1206

アクセス数:11171

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)