本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)が始まります。

 平成27年度の介護保険法の改正により、介護保険による予防給付(要支援1または要支援2の方への介護予防サービス)のうち、「介護予防訪問介護」及び「介護予防通所介護」についてのサービスを、平成30年3月末までに介護保険の枠組みから市町村の独自事業となる「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下「新しい総合事業」と呼びます)に移行することとなりました。

 安芸高田市では、平成30年4月からの完全移行に合わせて、平成29年4月から、対象の方の介護認定期間満了に合わせて順次新しい総合事業に移行することとなります。

 

【新しい総合事業が始まることで何が変わるのでしょうか?】

 

 主には、現在介護保険で「要支援1」または「要支援2」の認定を受けている方が利用している介護保険によるサービス(予防給付)のうち、「介護予防訪問介護」、「介護予防通所介護」の2つのサービスが、新しい総合事業によって提供されることになります。

 

【訪問と通所のサービスが総合事業になることで、今利用しているサービスが使えなくなることがあるのでしょうか?】

 

 利用できるサービスの内容や利用者の負担について、これまでと変更はありません。

 現在ホームヘルプサービスやデイサービスを利用されている方も、新規に利用される方も、これまでと同じ内容でサービスを受けることができます。

 

【現在、デイサービスを利用しています。今後必要な手続きはあるのでしょうか?】

 

 新しい総合事業への移行に伴って、介護サービス事業所との契約書等の内容が一部変更となる場合があります。

 書面の取り交わしが必要な場合がありますので、詳細につきましては、現在ご利用中の介護サービス事業所の担当の方にご相談ください。

 ホームヘルプサービスについても同様の取り扱いとなります。

 

【訪問看護や通所リハビリも同じように変わるのですか?】

 

 このたびの改正によって新しい総合事業に移行するのは、介護保険で要支援の方が利用するサービスのうち、介護予防訪問介護と介護予防通所介護のみで、その他の予防給付による訪問看護、通所リハビリ、訪問リハビリ、居宅療養管理指導、短期入所、福祉用具の貸与・購入、住宅改修費等についてはこれまで通り変わりありません。

 

【新しい総合事業に移行した訪問や通所サービスを利用する際、更新で要支援の認定を受けていなくても利用できる場合がありますか?】

 

 現在要支援1または要支援2の認定をお持ちの方の認定有効期間が満了して、引き続きサービスを受けるためには、更新申請により要支援1または要支援2の認定を受けることが必要です。

このたびの改正では、これとは別の方法として、国が定めた「基本チェックリスト」による判定で一定の要件に該当する方(事業対象者)については、要支援1と同等の状態として、新しい総合事業に移行するサービスに限って利用することができるようになりました。

有効期間満了後、訪問・通所以外のサービスを当面利用しないのであれば、基本チェックリストによる判定も選択できます。

 ただし基本チェックリストによる事業対象者の場合は、総合事業に移行する訪問事業、及び通所事業以外のサービス(予防給付による訪問看護や短期入所など)は利用できませんので注意が必要です。

 詳しくは、安芸高田市地域包括支援センターもしくは下記までご相談ください。


福祉保健部 健康長寿課 高齢者生活支援係
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-47-1281 FAX 0826-47-1282
福祉保健部 健康長寿課 健康推進係
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-42-5633 FAX 0826-47-1282

アクセス数:2603

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)