本文へ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

ネウボラあきたかた

「ネウボラ」とは、フィンランド語で『相談・アドバイスの場所』という意味です。子育てをする全ての方の声に耳を傾け、対話をすることを基本とし、安心して子育てできる環境をつくることを目的とした取り組みです。安芸高田市では「ネウボラ あきたかた」を開始し、妊娠期から切れ目のない子育て支援を行っています。

ファイル「ネウボラ あきたかた」リーフレット.pdf

 

主な事業

産前産後サポート事業(令和3年度から開始)

妊娠中から産後に、ヘルパーの派遣を受けることができます。

 

利用できる方
  • 安芸高田市に住所がある妊娠および産後1年未満の妊産婦の方(双子の場合は、妊娠および産後2年未満)
  • 体調不良等で家事や育児において、支援が必要とされる方

 

サービス内容
  • 家事に関すること(居宅の掃除、衣類の洗濯、生活必需品の買い物、食事の準備や片付け等)
  • 育児に関すること(ミルク等授乳介助、おむつ交換、沐浴介助、兄姉等の世話等)

 

利用日程
  • 1回のサービスは1時間~1時間30分で、1日2回までとします。
  • 産前産後合わせて20回以内(双子の場合は40回以内)
  • 月曜日~日曜日、原則8時~20時までです。

 

利用料金(1回あたり)

※令和3年度は、利用料金の負担はありません。
生活保護世帯・市民税非課税世帯・市民税課税世帯 0円

 

訪問介護事業所(安芸高田市内全域を訪問することができます)
  • 安芸高田市社会福祉協議会訪問介護事業所(吉田・甲田)
  • JA広島北部訪問介護事業所(美土里)

 

産後ケア事業

出産後のお母さんが安心して子育てができるよう、委託している広島県内の助産院で、産後ケア(宿泊型・個別通所型・訪問型)を受けることができます。

 

利用できる方(次のすべてを満たす方が対象です)
  • 安芸高田市に住所がある産後1年未満のお母さんとその赤ちゃん
  • 産後の体調不良や育児不安等があるお母さん

 

サービスの内容
  • 産後の心身の休息と体力回復のためのケアや乳房ケア
  • 赤ちゃんの発育や発達に関する相談
  • 赤ちゃんの沐浴やおむつ交換、だっこの仕方などのアドバイス

 

利用日程(助産院から日程等について連絡があります。)

<宿泊型>

  •  入所時間は午前10時、退所時間は午後6時。
  •  利用期間は、原則7日以内です。
  •  兄姉の宿泊については、要相談となります。

<個別通所型> 

  • 利用時間は午前10時から午後6時。
  • 利用日は、月曜日から金曜日。

<訪問型>

  • 訪問は、月曜日~金曜日の午前10時から午後5時。
  • 訪問時間は、1時間から1時間30分まで。

※12月29日から1月3日の間は、助産院が休みのため利用できません。

 

利用料金

令和3年度は、食事代などの実費のみ個人負担となります。
生活保護世帯・市民税非課税世帯・市民税課税世帯 0円

 

利用施設

広島県助産師会に登録されている助産院で利用ができます。

  • Hara助産所

住所:安芸高田市吉田町長屋828

診療時間:午前10時~午後5時(月曜日、火曜日、水曜日、木曜日)※土曜日・日曜日は要相談

 

 


福祉保健部 健康長寿課 高齢者生活支援係
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-47-1281 FAX 0826-47-1282
福祉保健部 健康長寿課 健康推進係
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-42-5633 FAX 0826-47-1282

アクセス数:689

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)