本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

第11回特別弔慰金

第11回特別弔慰金の趣旨と内容について

先の大戦において公務などのため国に殉じた軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、戦後75周年(令和2年)という特別な機会をとらえ、国としてあらためて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(額面25万円 5年償還の記名国債)を支給するものです。

なお、特別弔慰金は線香代や墓守代にあたるものではありません。戦没者等の遺族に国として慰藉の意を示すためのものです。

 

●国債の名称・額面

名称 第十一回特別弔慰金国庫債券「い号」

額面 25万円(5年償還の記名国債)

 

●請求期間 令和2年4月1日~令和5年3月31日までの3年間

(請求期間内に請求を行わないと、時効により権利が消滅しますのでご注意ください)

 

●国債の償還日 令和3年4月15日~令和7年4月15日

 

対象者について

戦没者等の死亡当時の遺族(生まれていたこと)が要件となっています。令和2年4月1日を基準とし、同日において公務扶助料や遺族年金を受給される方がいない場合、先順位者の遺族1名に支給されます。なお、子については戦没者等の死亡当時の胎児も含まれます。

●支給順位者

1 援護法による弔慰金受給権者

2 戦没者等の子(胎児も含む)

3 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹

※支給要件があり、遺族の状況(婚姻・養子縁組・生計同一等)により順位が入れ替わり

ます。

4 1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥・姪等)

※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計関係を有していた方

 

相談・請求窓口は

市役所社会福祉課および各支所窓口係

 

【留意事項】

〇これまでに受給したことがある方・・・「前回の裁定通知書」、「国庫債券の写し」、 「郵便局

の国庫債券預かり証」などの受給歴のわかるものがありましたら持参してください。

 

初めて請求に来られる方・・・戦没者等の死亡日、死亡当時の本籍地や家族状況のわかる資料、

戦没者等に対する年金の証書等がありましたら持参してください。

 

〇請求の相談には時間がかかりますのでご理解ください。

 

【必要なもの】
〇請求者の印鑑、戸籍抄本など。請求者によって必要な戸籍が変わりますので、請求受付時に案内いたします。書類をそろえるため、請求手続きが一日で終わらない場合もありますので、予めご了承ください。


〇基本的に前回(第10回特別弔慰金)の請求者と同一人が請求する場合は、請求者の印鑑と戸籍抄本のみが必要になります。

 

 


福祉保健部 社会福祉課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地
TEL 0826-42-5615 FAX 0826-42-2130

アクセス数:6755

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)