本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

広島県の制度による福祉

制度の名称

制度にあてはまる方

手当などの金額

(1)特別検査促進手当

爆心地から半径1キロメートル以内で被爆し、精密検査を受けるため、指定医療機関に入院した方

1日 500円

(1,000円を限度)

(2)認定被爆者通院交通費

医療特別手当受給者で、厚生労働大臣の認定を受けた傷病の治療のため、交通費を支出して指定医療機関に通院した方

バス、電車、汽車及び船舶の運賃の実費

(3)被爆身体障害者福祉手当

原爆により身体障害者(1級~3級)となられた方、または重度のケロイドがある方(注1)

月 16,670円

(4)被爆者特別福祉手当

国の制度による医療特別手当または特別手当の受給者のうち、生活保護法の適用を受けている方

月 4,000円

(5)介護手当付加金

国の制度による介護手当の受給額を超える介護費用を支払った方

月 43,310円以内

(6)認定被爆者死亡弔慰金

認定被爆者が死亡されたときにその葬祭を行った方

10,000円

(7)被爆者訪問介護利用助成金

介護保険の(介護予防)訪問介護を利用した、生計中心者が所得税非課税である世帯に属する方

1割自己負担額

ただし、ほかの公費負担などがある場合は、その額を減じた後の額

(8)被爆者通所介護利用助成金

介護保険の(介護予防)通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護を利用した方

1割自己負担額

(9)被爆者短期入所生活介護等利用助成金

1 介護保険の(介護予防)短期入所生活介護を利用した方

1割自己負担額

2 市町が実施する短期入所生活介護事業等を利用し、その経費を負担した方

利用料

(10)被爆者介護老人福祉施設等利用助成金

1 介護老人福祉施設に入所している方

1割自己負担額

2 養護老人ホームに入所して、費用を負担している方

費用徴収額

(11)被爆者小規模多機能型居宅介護利用助成事業

介護保険の小規模多機能型居宅介護を利用した方

1割自己負担額

(12)被爆者療養保養事業

1 60歳以上で県の指定する療養保養施設を利用する方

休憩:1人1回250円を限度

宿泊:1人1泊500円を限度

(あわせて年1,500円を限度)

2 60歳以上で神田山荘を利用する方

休憩1人1回250円

(注1)原子爆弾の爆風熱線等の傷害作用により障害者になられた方に限ります。医療特別手当、特別手当、原子爆弾小頭症手当、健康管理手当または保健手当の支給を受けている方は除かれます。


福祉保健部 社会福祉課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地
TEL 0826-42-5615 FAX 0826-42-2130

アクセス数:1720

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)