安芸高田市行政サイト

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド

第17回下佐農民祭

body01.jpg

迷遊会の秋の行事第17回下佐農民祭【はしか落とし】が2004年11月7日(日)に開催されました。(迷遊会は、下佐の若者が中心となって結成された会です。20年以上もつづいています。)【はしか落とし】というネーミングは、とうすひきの時でる籾殻とほこりの混じったものを“はしか”といいますが、それを落とすとは、収穫が終了して農民たちがほっと安心しみんなで一杯呑みながら喜ぶという意味があります。これが春になると、【どろ落とし】となります。

body02.jpg

開会にあたっては、安芸高田市児玉市長さま、県会議員児玉 浩さまが激励におこしいただきました。引き続き育成会メンバーによる踊りが披露されました。育成会は、昭和52年(1977)結成され27年間続き現在に到っているものです。敬老会、はしか落とし、新年互例会 地域の行事がある度楽しませて頂いています。続いて若者のバンド演奏と美しい二人の女性ボーカルで会場は、だんだん賑やかに盛り上がってきます。

body03.jpg

農民祭の目玉 恒例の農産物のせりがはじまりました。今年は、夏は長雨、秋になると11回もの台風が上陸し秋野菜の種を蒔けば雨で流れ、芽がやっと出たかなと思えば、雨に流されで野菜が育たない秋でした。そんな中、下佐の農家の人たちは、愛情こもった貴重な野菜をこの農民祭に沢山出品くださいました。青物野菜が不出来で白菜のせりは最後、ねらっていた白菜は高値がついて3個で2000円で競り落とされました。出品点数は、昨年よりはるかに少なかったのに、売上は昨年をオーバーし、今後の迷遊会行事の景品など、ぐ〜んと豪華になるのでは?  と期待しています。

body04.jpg

また 日本クラウンより歌手デビューした上杉千恵美さんを招いての歌謡ショーもあり、会場は、ますます華やかさが加わり盛り上がってきました。バザーは、うどん・さば寿司・ぼた餅・とりから揚げ・生ビール・ワンカップ酒・いなり寿司・巻寿司などなど安い値段で大サービス。最後に梶矢神楽団による 「塵倫」「日本武尊」が奉納され、舞台と客席が一体となり大盛況の内今年の「はしか落とし」の行事が終了しました。


高宮支所
〒739-1802 広島県安芸高田市高宮町佐々部983番地2
TEL 0826-57-0311 FAX 0826-57-1654

アクセス数:1133

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)