年齢でさがす

シチュエーションでさがす

知りたいことでさがす

妊娠

妊娠届・母子健康手帳妊婦健康診査ハッピープレママサロン(妊婦教室)妊娠中のことや子育てについて心配があるとき妊婦相談

赤ちゃん

出生届国民健康保険の加入手続き国民健康保険出産一時金の支給乳幼児等医療費の助成ひとり親家庭医療費の助成児童手当児童扶養手当養育医療(未熟児医療)の給付小児慢性特定疾患医療費の助成健康管理(検診‚訪問‚相談‚療育教室)健康教室予防接種家庭内の事故防止

子育て支援

子育て支援センターファミリーサポート保育所幼稚園

小学生

もうすぐ小学生!大切な生活のリズム市立小学校への入学小学校入学までの流れ転入学手続き就学援助就学相談特別支援教育不登校や子育ての悩み・学校生活等の相談窓口児童館・放課後児童クラブ

障害児支援

身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳重度障害者医療費の助成障害児福祉手当特別児童扶養手当相談支援窓口

コラム

みんなで防ごう!子どもへの虐待食育 みんなで食べるとおいしいね♪

国民健康保険出産育児一時金の支給

国民健康保険に加入している方が出産したとき、世帯主に対し40万4千円を支給します。(注:産科医療補償制度に加入している医療機関において、在胎週数22週以降の出産であるときは、1万6千円加算となります。)
ただし、他の健康保険から支給を受け取ることの出来る方は、対象外となります。

 

支給方法【1】

  • 医療機関が被保険者に代わって出産 育児一時金の申請・受取りをします。(直接支払制度)
  • 安芸高田市国保へ事前に申請をする必要はなく、医療機関と被保険者との間で直接支払い制度の利用の契約をすることになります。

 

差額支給の申請に必要なもの

  1. 分娩者の国民健康保険者証
  2. 出産費用の領収・明細書(退院時に医療機関から交付されます)
  3. 直接支払制度利用についての合意文書の写し(退院時に医療機関から交付されます)
  4. 印鑑
  5. 世帯主名義の預金口座番号

※出産費用が40万4千円(注42万円)を超える場合、差額は退院時に医療機関へお支払いください。
※出産費用が40万4千円(注42万円)未満の場合、差額は出産後に安芸高田市国保へ申請し受け取ることができます。

 

支給方法【2】

  • 上記支給方法【1】の直接支払制度の利用を希望されない場合、退院時に医療機関へ出産費用を全額支払った後に安芸高田市国保へ申請し、直接(世帯主名義の口座へ振込)受け取ることもできます。

 

支給の申請に必要なもの

  1. 分娩者の国民健康保険者証
  2. 出産費用の領収・明細書(退院時に医療機関から交付されます)
  3. 直接支払い制度を利用していないことを証する文書(退院時に医療機関から交付されます)
  4. 印鑑
  5. 世帯主名義の預金口座番号