安芸高田市立八千代の丘美術館
homeへお問い合わせ著作権について
入館作家 >>  2002年度(第1期)入館作家 >> 田谷 行平(洋画)
田谷 行平(洋画)

《略歴》

1942年 広島市に生まれる
1963年 第5回新協展初出品 以後文部大臣賞・新協大賞 他7回受賞
1964-82年 新協展 文部大臣賞・新協大賞ほか3回受賞
1967年 第11回安井賞展 以後7回入選 第25・28回安井賞候補となる
1972年 鈴木三重吉賞入賞作品挿絵'89年まで
1983年 第1回ヒロシマアートグラント'83受賞
1987年 緞帳制作(安芸グランドホテル)
1989年 広島市西区民文化センターエントランスホール壁画制作−川のほとりで−(石)
      新協展 委員賞受賞
1990年 第1回広島の美術 佳作賞受賞
1995年 第3回大邱tTAE‐GUビエンナーレ(韓国・ソウル)

[主な個展]
1963年 個展・画廊企画(画廊梟)(〜’83
1972年 個展(福屋画廊・広島)(〜’92)
1982年 個展・画廊企画(ギャラリーたむら・広島)(〜現在)
1983年 第1回ヒロシマアートグラント受賞記念展(福屋・広島)
1985年 大作個展・画廊企画(椿近代画廊・東京)(〜現在)
1994年 大作個展-私の声が聞こえますか-(県民文化センター・広島)
      大作個展(ギャラリー森・広島)
1997年 大作個展-記憶の時間-(広島そごう)

[主なグループ展]
1963年 新協美術展(〜現在)
      安井賞展 出展8回(’82、’85賞候補)
      新協選抜展(第一画廊ほか、東京)(’64〜’66)
1976年 グループ幹結成(神戸:ギャラリーさんちか)
1977年 第12回昭和会展
      グループ漁結成(大阪府立現代美術センター)(’82)
      昭和会入選記念二人展(そごう・広島)
1987年 現代の美術・今日の情況展(東広島市立美術館)(’91、’95、’99)
1989年 ヒロシマ・ライトアップ・ストリートギャラリー(〜現在)
1990年 晨翔展(三越・広島)( ’91、’92)
1991年 三菱地所ストリートギャラリー・-孤影-(立体・鉄)
1992年 広島の画家100人展(福屋・広島)
1993年 広島の現代美術作家展(韓国)
1994年 韓国・広島交流展(韓国)
1995年 戦後50年記念展「ヒロシマ50」自主企画(6会場巡回)
      TAE-GUビエンナーレ(韓国)
1996年 ヒロシマHHA展(ドイツ・ハノーバー)
      広島市現代美術館のテーマ「ヒロシマ50」制作委託作品展
      広島芸術学会「10年の軌跡」展
1998年 広島芸術学会「極小と極大」展
1999年 広島70人展
2002年 広島の画家110人展
2009年 「生命を凝視めて」二人展
Counter: 5736