安芸高田市立八千代の丘美術館
homeへお問い合わせ著作権について
入館作家 >>  2020年(第19期)入館作家 >> B棟 桑田 覚(金属造形)
B棟 桑田 覚(金属造形)
代表作
「インピース」

桑田作品.jpg

 

《略歴》

1949年        広島市生まれ
1972年        武蔵野美術大学彫刻科卒業
1977年        滞欧
1978~79年 斎藤 昭次郎 氏に鉄工を師事
1980~81年 滞米、Albert Paley氏に鉄工を師事
1981年        広島にて建築金物制作を始める
1991年        個展「鉄の捧げもの」vol.1,vol.2(ヤマハリビングシティ広島)
1994年        パルコアーバナート 南エリア賞
1995年        朝日現代クラフト展 入選
1996年        公募「広島の美術」 佳作賞
1997年        ABC美術展 入選
1998年        昭和シェル石油現代美術展 入選
                 「小さな絵画・大きな輪」(長野オリンピック) 入選
1999年        個展「鉄雛」(HAP,広島)
2000年        個展「読書する鉄、鉄学する本」(宮森建築設計室+HAP,広島)
                  公募「あたたかなかたち」(一関市) 奨励賞
                  エプソン・カラーイメージコンテスト審査委員賞
2001年        UBE日本現代彫刻展 入選
2004年      「医療と美術」(広島大学付属病院)
2007年        鹿島彫刻コンクール 入選
2008年       「金属で造る,桑田覚/村中保彦」展(廿日市美術ギャラリー)
2009年       「志和堀DNA」(東広島市)
2011年        個展「花と人」(広島そごう)
2012年        Russion Gate(東広島市)制作
                  UBE日本現代彫刻展 入選
2013年        聖公会栄光幼稚園 gate(広島市江波)制作
2014年        個展「鉄のささげもの」(天満屋美術画廊八丁堀・アルパーク)
                  大森八幡神社(湯来)篝火鉄器 製作
2015年        作品名「呉ガール」制作/『三都めぐり』(広島県主催)
2016年       『宮島古寺めぐり』展参加
                   個展「鉄のささげもの」ii(天満屋美術画廊八丁堀・アルパーク)
2019年         3人展「目眩く木」(ギャラリーみやうち)