安芸高田市立八千代の丘美術館
homeへお問い合わせ著作権について
入館作家 >>  2020年(第19期)入館作家 >> J棟 大前 博士(洋画)
J棟 大前 博士(洋画)
代表作
「悲憤の涙 A Tear of lndignation」

大前博士-作品 (1).jpg

 

《略歴》

日本美術家連盟会員
アカデミーグランド・シェミール(パリ)に学ぶ <1971~1973年>

 

1937年    広島に生まれる。
1965年    「ヒロシマ・アッピール平和公園野外展」(広島)
1969年    渡仏。パリにアトリエを持つ。
1972年    アーティスト・フランセーズ受賞
               サロン・ド・トーヌ入選(1977年まで毎年)
1973年    新しい具象 ニューヨーク展招待出品
1984年、1986年、1988年、1990年   東京銀座アートセンター100号個展(東京)
1986年    愛媛県立美術館分館個展(松山)
1988年    広島県民文化センター100号個展(広島)
1990年    松山サンパーク美術館個展(南海放送主催)
1991年    大阪セルビィス・ギャラリー個展(読売新聞主催)
1995年     サロン・ド・トーヌ会員上海展招待出品(中国)
1997年、1998年、2000年、2002年   日仏現代作家展招待出品
1998年    日本の秀作美術展招待出品(アルゼンチン)
2015年    ヒロシマ・アッピール2015
               ヒロシマ黙示録「黒い世界と白き眼光」開催(広島)
2016年    “黒い世界と白き眼光” 東京芸術劇場ギャラリー1(東京)
2018年    “私は見た”1945.8.6 三良坂平和美術館(広島)

 

以外、国内各地で現在に至るまで、数々の個展を開催。

 

 

Counter: 166