博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

常設展動画紹介 中世01「鏡像」

鏡像は古来より神の依りつくものとして考えられていた銅鏡に、仏の絵を描いたものです。

 

当館では吉田町宮崎神社から発見された線刻と、高宮町羽佐竹から出土した墨書の2点の平安末期の鏡像を常設展示しています。

 

動画では鏡像が作られた当時の信仰(神仏習合・本地垂迹説)や、発見の経緯について解説しています。

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

★これまでの常設展示の紹介動画一覧はコチラ

 

 

 




Counter: 730