博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

常設展動画紹介 中世04「連子窓」

連子窓(れんじまど)とは細長い棒状の木材を連ねた「連子」を嵌め込んだ窓のことです。

郡山清山麓の清神社には、連子窓の断片が社宝となって残されており、

唯一神道の後継者:吉田兼右(よしだかねすけ)に関する記述と摂家貴族で学者の九条稙通(くじょうたねみち)に関する墨書がされています。

 

動画では清神社の由来や、貴族の下向について解説しています。

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

★これまでの常設展示の動画はコチラ!

 

 

 

 

 




Counter: 585