博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

常設展動画紹介 原始古代02「郡山大通院谷遺跡出土 弥生土器」

常設展示の見どころを動画で解説します。
第2回目は「郡山大通院谷遺跡出土 弥生土器(塩町式土器)」です。

 

この郡山大通院谷遺跡から出土した弥生土器は、いわゆる塩町式土器に分類されます。

 

塩町式土器とは1954年に広島県三次市塩町遺跡で出土した土器が、弥生時代中期後半(紀元1世紀 頃)を示す土器として設定されたものです。
※時代区分の年代については諸説あります。

 

動画では、独自の特徴として挙げられる凹線と刺突の文様、当時の交易圏などについて解説しています。

ぜひ動画をご覧ください。

 

 

 

★これまでの常設展示の紹介動画一覧はコチラ

 

 




Counter: 609