博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

常設展動画紹介 中世05「正伝永源院銅鐘」

正伝永源院は京都の建仁寺の塔頭(たっちゅう)です。(塔頭とは本寺の脇寺のことを指します)。

 

今回紹介する銅鐘は複製ですが、実物は正伝永源院にあります。これはもともと郡山城山麓にある毛利氏の寺院、大通院に寄進されたものでした。

 

この鐘には追銘があり、永禄12年(1569)に野村信濃入道が大通院に寄進したことが記されています。

 

動画では大通院や野村信濃入道について解説し、銅鐘の謎に迫ります。

 

ぜひご覧ください。

 

 

★これまでの常設展示の動画一覧はコチラ!

 

 




Counter: 795