博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

郡山城編07「大通院谷遺跡」

毛利氏の居城であった郡山城周辺の見どころを解説します。


第7回目は「大通院谷遺跡」です。

 

大通院谷遺跡は郡山城の西麓にあり、遺跡の名称「大通院」は元就の曽祖父煕元(ひろもと)の菩提寺を語源としています。しかし、この谷の奥にあったのは大通院ではなく、元就の祖父豊元の菩提寺広修寺であったとも考えられます。

 

遺跡からは古代から中世にかけての遺構・遺物が出土しました。遺構は古代高宮郡衙関連の建物、中世では薬研堀、屋敷跡等が検出され、遺物は多数の陶磁器・木製品・金属製品等が発掘され、これらの一部は当博物館で展示しています。

 

詳しくは動画をご覧ください。

 

 




Counter: 952