博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

家紋ラリー第3弾(毛利氏関連博物館連携事業)について

「家紋ラリー 第3弾」の武将印販売地域(広島県・山口県)に新型コロナウイルスによるまん延防止等重点措置が適応されたため、当館でも2022年1月9日(日)より武将印の販売を停止します

(再開は未定です。)

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

R3家紋ラリーチラシ.pdf (2.4 MB)

 

 広島広域都市圏内4市1町にある歴史博物館等施設では、毛利氏をテーマに連携事業を行っています。

昨年に引き続き、令和3年は毛利元就没後450年を記念し、毛利一族ゆかりの関連5施設を訪れていただき、毛利一族にまつわる歴史ストーリーに触れてもらう家紋ラリー第3弾を実施します。皆様、ぜひご参加ください。

 

 

1 事業名称

家紋ラリー(COME ON RALLY)第3弾

 

2 開催期間

令和3年11月6日土曜日~令和4年1月23日日曜日

 

3 内容

関連施設において、本事業オリジナル武将印(和紙製)を1枚200円で購入し、同封の家紋シールを5施設全て集めて応募すると、抽選で50名の方に「毛利元就武将印」とオリジナル武将印帳が当たります。

なお、当館では毛利隆元の武将印のみを販売します。

(※購入は一人2枚まで、限定200枚ですので、転売等はご遠慮下さい。)

 

4 対象施設

広島城(広島市)、安芸高田市歴史民俗博物館(安芸高田市)、戦国の庭歴史館(北広島町)岩国徴古館(岩国市)、三原市歴史民俗資料館(三原市)

 

5 主催

毛利氏関連博物館等施設連携事業推進協議会(上記4の4市1町で構成)

(事務局:広島市市民局文化スポーツ部文化振興課文化財係)

 

※例年武将印のフリマアプリでの転売が確認されています。この事業の趣旨を鑑み、こうした転売をしない、また通販での購入は控えて頂きますようお願いします。




Counter: 1476