安芸高田市行政サイト

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド

猪掛城跡(高宮町)

body01.jpg

 高橋氏は、阿須那(島根県羽須美村)を本拠に、高田郡北部一帯まで勢力を伸ばした有力な国人領主であった。猪掛城はその属城で、高橋氏の南領土の前線基地の役目をもっていた。城主九郎左衛門則近(統種(むねたね)とも)のとき、重臣佐々部兵部丞の離反によって甲立五龍城主宍戸元源(もとよし)の叔父三田谷玄蕃允(げんばのすけ)元忠に攻められ、大永5(1525)年3月18日落城したと伝えられる。
 旧記に「猪掛城は、高橋城主・宍戸城山・陣ヶ丸山の三山を連結して一城をなす」とある。これらのことから、猪掛城は,高橋氏の居城の総称であると考えられる。
 前土居谷にある別名高橋城と呼ばれる城跡は,標高340mの丘陵頂部に立地し主郭の東側に空堀土塁を固め、登城路のある東斜面を意識した構成をとっている。
 高橋氏は、本城を拠点に勢力の拡大を図ったものと思われる。
 谷を挟んで西方に位置する山城を黒掛城とも呼ぶ。高橋氏滅亡後は宍戸氏の属城となり、以後この地を宍戸城と呼ぶようになった。
 町域では最も規模が大きく、標高370mの頂部に主郭、櫓台を設け、周囲を石垣で固めている。西側の尾根に八条の堀切を設けている。主郭に続いて、北東に五つの郭が直線上に連なっている。土塁・堀切が多く、特に南東端のものは見事である。
 麓に、宍戸隆忠を祀る宍戸神社があり、高橋氏滅亡後、宍戸氏の勢力がこの地方に強く及んだことを物語っている。

◆場  所 安芸高田市高宮町原田 前土居谷・宍戸城
◆市指定 旧高田郡高宮町指定
昭和61(1986)年2月7日

教育委員会事務局 教育総務課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-42-0049 FAX 0826-42-4396
教育委員会事務局 学校教育課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-42-5628 FAX 0826-42-4396
教育委員会事務局 生涯学習課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田761番地
TEL 0826-42-0054 FAX 0826-42-4396

アクセス数:2157

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)