博物館概要展示紹介収蔵資料紹介刊行物イベント情報安芸高田市の歴史・文化財topへ戻る

甲立古墳の現地説明会がありました!
広島県安芸地方の前期古墳で最大・最古級(4世紀後半)の前方後円墳である甲立古墳(安芸高田市甲田町)の現地説明会がありました。


確認調査は21年度から行われていますが、今年度調査は、昨年度末確認であった墓壙、主体部(埋葬施設)前方部の裾部の稜線(墳丘の曲がり角)などの確認を目的とするものでした。
body02.jpg 広島大学 古瀬教授に解説いただきました。
body03.jpg 県内の前期古墳(4世紀までの古墳)では初の検出となる埴輪列。
後円部の外周・縁辺部分に円筒と楕円筒埴輪計26基(円筒17・楕円筒9)が並んでいました!
body04.jpg 埴輪列内側後円部南東部分に、長さ6.3m幅2.0m(現状)の長方形の範囲に河原石を集めた石敷遺構を検出しています。

また、この付近からは家形埴輪数基が確認されており、古墳上での祭祀を示すものと考えられます。
body05.jpg 発見された家形埴輪や円筒埴輪。

一部当館の甲立古墳速報展にて展示中!!
掲載者
関連HP



Counter: 1729