安芸高田市行政サイト

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド

ひろしま安芸高田神楽

 神楽(かぐら)は太鼓や笛などのお囃子と一緒に、華やかな衣装や表情豊かな神楽面をつけた人たちが、ある物語を題材にして舞うものです。その語源には諸説ありますが、まさに文字通り「神様を楽しませる」ことが本来の目的であり、その土地の氏神様に奉納される神事として執り行われてきました。
 そして、今日では催事や祝い事に欠かせない郷土芸能として、人々にも楽しまれています。

横田神楽団

 

 

ひろしま安芸高田神楽”とは?

 

ひろしま安芸高田神楽を紹介する前に、安芸高田市に伝わる”神楽”とは何かをお話しします。

 

「神楽」って何?

 神楽は、神座(かむくら)に神を招き、神の力を招き鎮めることによって、生命力を高めようとする儀式です。神と人とが共に享楽することによって神の力を得ようとする神人和楽(しんじんわらく)の神事です。

 

 その起源は、一説によると、記紀神話の中の「天岩戸伝説(あまのいわとでんせつ)」にまでさかのぼるともいわれています。
  「天岩戸伝説」とは、あるとき太陽の女神、天照大神(あまてらすおおみかみ)が、弟の素戔鳴命(すさのうのみこと)の乱暴さに怒り、岩戸の中に籠ってしまわれました。すると地上は暗闇になってしまいました。

 

 困った神々は話し合い、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前で乱舞することになりました。これがあまりに滑稽だったので、外の神々は大騒ぎ。騒々しい外の様子が気になった天照大神は、岩戸をそっと開け様子を見ようとしました。

 その時、この機を逃すまいと手力男命(たぢからおのみこと)が岩戸をこじあけ、天照女神を外に連れ出し、地上に明るさが戻ったという有名な神話です。


  この岩戸の前で、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が舞った舞(まい)こそが、神楽の起源と言われています。

 

 一年のうちで一番太陽の力が弱まる時期に、その太陽の再来と生命の再生を願って神威を招き迎え、生命力の強化を祈願した鎮魂の儀式が、神楽の始まりと言われています。「岩戸」のモチーフは古事記や日本書紀の中の神話であるとすると、およそ8世紀の初めには、神楽ができたのかもしれません。神楽は、はるか昔から人々に楽しまれてきました。

 

 

ひろしま安芸高田神楽とは?

 

神楽伝承ルート

 全国各地に、さまざまな形の神楽が伝えられているなかで、安芸高田市の神楽は、出雲流神楽が石見神楽を経て、江戸期にこの地域に伝えられたと考えられます。また、その過程で、九州の八幡系の神楽や高千穂神楽・備中神楽、さらに中国山地一帯に古くから伝わる農民信仰などの影響を受けて、現在の形態になったといわれています。その特徴は演劇性が強いという点で、極めて大衆的で、のびのびした伝統芸能に発展しました。

 

 現在では市内に22の神楽団が神楽を舞い、舞人たちはその技を磨いています。ほぼ年間を通じて、神楽に打ち込む団員たちは「神楽で食べているの?」とよく聞かれます。しかし、団員にとっての神楽はあくまでも「祭事」。職業にしている団員はいません。日常は各々、仕事や勉学に励み、神楽の継承と保存に大きな役割を担っています。

 

 この大衆化が人々の神社・神に対する信仰心を繋ぎ止め、自然や神への畏敬・恩恵に対する先人の心を今に伝える大きな役割を果たしています。安芸高田市の神楽には、劇化の進展のなかにも、神人和楽(しんじんわらく)という神楽の原形が息づいているのです。

 

安芸高田市内にある22の神楽団

神楽団の位置

吉田町

八千代町

美土里町

高宮町

神楽上演専用の施設

2,000人収容可能な神楽上演専用の舞台「神楽ドーム」や150人収容の小劇場「かむくら座」では、週末に市内22神楽団による神楽公演が行われています。

安芸高田市で開催される主要な神楽大会

 美土里神楽発表大会は、例年9月下旬の土曜日に開催され、美土里町内の13神楽団が総出演する神楽大会として人気があります。日頃の練習や各地での上演で技を磨いてきた神楽団が地元の舞台で見事な舞を披露します。
 新舞の部・旧舞の部、それぞれの部門で優勝を争います。その年、最後に開催される競演大会で、神楽競演大会の最高峰とも言われています。
2004年1月12日17:39:55
高宮神楽は石見の阿須那系神楽から舞移ったと言われ、八調子を奏でる囃子の音律は観る人に心地よいリズムを与え、舞う所作の速度もテンポの速いのが特徴です。

産業振興部 商工観光課
〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地
TEL 0826-47-4024 FAX 0826-42-1003

アクセス数:16627

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)